エアコン取付前のチェックポイント

ブレーカーの確認

まずはご自宅の電気容量をご確認されて下さい。
エアコンを取り付け予定のお部屋の広さ、現在使用してる家電製品の種類にもよりますが、一般的に快適な空調を保つためには30A以上の容量が必要と言われております。容量はアンペアブレーカーの数字で確認することができます。また、家庭用の電源には「単相100V」と「単相200V」の二種類があります。リビングなどの広いお部屋では「単相200V」電源が必要な場合が多いです。アンペアブレーカーに3本の線が入っていれば、単相200Vのエアコンが使用できると判断できます。もしくは管理会社にお問い合わせしても確認がとれると思われます。

 

アンテナブレーカー

室外機の設置場所の確認

室外機を設置する場所を確認しましょう。室外機はできる限り、室内機に近い屋外に設置する方が好ましいとされています。下記の図で説明すると、@のような「ベランダ置き」「地面置き」は標準設置場所となり、B〜Eは特殊設置工事になり別途追加料金が必要になります。

 

室外機設置場所

室外機設置場所(名称)

 

@地面置き・ベランダ置き

 

A屋根置き

 

B天井吊り

 

C壁面設置

 

D二階立ち下ろし

 

E二段置き設置


 

配管穴・専用コンセントの確認

【配管穴について】

 

エアコン室内機の取り付け場所に「配管穴」と「専用コンセント」があるかご確認下さい。「配管穴」には通常の配管穴の他に「隠ぺい配管穴」があります。隠ぺい配管の場合、特殊工事になる可能性があります。
配管穴がない場合、穴をあける壁の素材によっては別途追加料金が発生することがあります。また素材や穴をあける深さによって料金が異なります。

 

※施工前には必ず施工内容と料金をご案内し、ご納得頂いてから作業致します。無断で工事をすすめることは絶対にありません。

 

 

隠ぺい配管 

 

【専用コンセントについて】

 

専用コンセントがある場合
コンセントの差込口をご確認下さい。取り付け予定の機種とコンセントの形状が異なる場合はコンセントの交換(別途料金)が必要になります。

 

専用コンセントがない場合
専用回路増設工事(別途料金)が必要になる場合があります。一般のコンセントを延長して取り付ける方法もありますが、ブレーカーが落ちる原因にもなる為、専用のコンセントを設ける方法をお勧めします。

 

 

エアコン専用コンセント 

 

単相100V

単相200V

15A

20A

15A

20A

平行型

アイエル型

タンデム型

エルバー型

 

プラグ形状

 

 

 

 

コンセント形状

 

 

 

 

表示マーク

 

 

 

 

室内機・室外機の設置場所の確認

【室内機】
・上面から天井まで5cm以上のスペースがある。
・側面から壁まで5cm以上のスペースがある。

 

【室外機】
・地面置きか、ベランダやバルコニーでの設置予定である。
・室外機の全面は25cm以上のスペースがある。
・室外機の側面、背面は5cm以上のスペースがある。

 

 

「自分の家は特殊な工事になりそうだけど、予想以上の金額になるのではないのだろうか?」

 

こういった心配をされる方もいらっしゃるかと思います。
私たちはエアコン工事のプロです。取り付け方法によっては標準工事になる場合もありますし、お客様と相談して最適な設置方法をアドバイスをさせていただきます。どんな些細なことでも構いません、ご不明な点があれば何でもご相談して下さい。

室内機・室外機設置スペース

お電話から工事までの流れ

@まずはお気軽にお電話下さい

工事のご依頼、お問い合わせは、まず090-9653-6543までお電話下さい

A工事内容・日程確認

工事内容をお聞きし、日程を決めます。
工事状況と工事内容から概算の料金もご案内致します。

B訪問・工事開始

現地を見させて頂き、施工前に正確な工事料金をお伝えします。
料金にご納得の上、作業を開始します。
※施工後に追加料金を頂くことは絶対にありません

C工事完了・お支払い

施工完了後、現金にてお支払いをお願い致します。
完了日から3年間の工事保証をお付けしております、領収書をなくさずに保管して下さい。

 
トップページ エアコン工事ラインナップ 石川電気4つの安心 よくある質問 会社案内